2010年07月05日

絵本レビュー

レビューしたい本がたまったのでご紹介しまーす


うんこ」サトシン(著)

41VUetBGKWL__SL500_AA300_.jpg

そのまんまのタイトルに惚れました(笑)


「う○こ」(←今更○使用しなくてもいいか。。。)さんの理想的な生涯が描かれています。

そういえば、昔、畑はこんなだったなーとにおいまでもがよみがえりました(爆)







ともだちごっこ」内田 麟太郎(著)

51wF4yUSPDL__SL500_AA300_.jpg

「おれたちともだち!」シリーズの最新版。


今回もよかった。やっぱりいいね、おおかみさん。




次回も楽しみ♪









カッパのあいさつ」 高畠 那生(著)

5170BkwoZUL__SL500_AA300_.jpg

アタシ、やっぱりこの人の本が好きらしい。



なんだかまるまるいいわ。どうするとカッパのあいさつがこんなか思いつくんだろ。




天才だね。








ふたりのナマケモノ」高畠 純(著)

41vX+kCUSmL__SL500_AA300_.jpg



彼らは決してなまけているわけじゃないのね(笑)






こんなペースで生きていけたら幸せね。









パンダくんのおにぎり」いしかわこうじ(著)

41IZLzwQWvL__SL500_AA300_.jpg

小さい子向けの探し絵絵本。ウシさんやシマウマ、ペンギンたちのなかに転がっていったおにぎり。


ウチの次男くんもおにぎり探して、





「あった〜!」って楽しく読みました。









であえてほんとうによかった」宮西達也(著)

61negohqdtL__SL500_AA300_.jpg

またまたティラノサウルスがステキです。




ちょっと思ったんだけど、今までのティラノはみんな別のティラノ?よね。





このシリーズの数だけ素敵なティラノがいるわけですな。





今回も心温まるせつないお話しでした。











百年の家」パトリック・ルイス(著)

61iV3+i8c8L__SL500_AA300_.jpg

今回の1番のおすすめ本。



絵にものすごい重みがある本だと思う。




いろんな時代が通り過ぎ。そして現代のその家もまた衝撃的。






でもそれもすべて人が作り上げてきたものなんだと思うと、それもまた感動的です。





「うんこ」から芸術的な「百年の家」までアタシのテリトリー広さにも感動したっしょ?
posted by むらまま at 13:57| Comment(5) | TrackBack(0) | おすすめ絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ブログ、開いていきなりの画面に

びっくら〜〜〜"(*≧m≦)

最初と最後のギャップがなんともww
Posted by ウサチョコ at 2010年07月05日 14:25
ティラノサウルスシリーズ。

絶対途中で泣いてしまって、
まともに読み聞かせできたためしがない(^^;
Posted by おすぱ at 2010年07月06日 13:05
100年の家。気になって仕方がないので...

ワークショップで読み聞かせて。行くからw
Posted by さうす at 2010年07月06日 23:42
ティラノサウルスはもう表紙見ただけで涙が…条件反射?(笑)

うんこは息子Rが飛び付きますね、確実に。

Posted by キャデラック at 2010年07月07日 01:39
★ウサチョコちゃん
衝撃的な表紙で(^^ゞ

どうも男子はこういうネタ大好きでして。。。

ま、アタシも嫌いじゃないけどさ(*^^)v







★おすぱっち
アタシもそうだったけど、最近は平気。
そんな自分がイヤです。





★さうす
読み聞かせっていうワークショップもありですか!

朗読に自信がないので。。。

あ、キャデ姉さんがいた!





★キャデ姉さん
「うんこ」見た瞬間にRくんが浮かびました(笑)

ウチの次男もなんどもりピして読んで(?)見てました。やっぱり男子はこういうネタに食いつくんですね(笑)

こんなにも「うんこ」の立場になった内容の本はみたことがありません。是非、Rくんに!!
Posted by むらまま at 2010年07月09日 10:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/155491327
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック